リチウムイオンバッテリー フルオーダーのメリット

技術支援、コンサルタント業務
特殊用途バッテリー開発

1:産業用リチウムイオンバッテリーの開発、技術支援

産業用バッテリーシステム開発例
ソーラー発電用蓄電池、UPS(無停電電源装置)、電動バイク、電動車(EV車)、電動バス(EVバス)のバッテリーシステム開発

リチウムイオンバッテリーの仕様
DC48V~320V以上、放電電流100A以上、容量~100kWh以上

その他仕様
防水仕様(ip58、ip68等)、外部データ通信(無線LAN、CAN、シリアル通信、4G等)
バッテリー充放電データ表示、充放電時にリチウムイオンバッテリーのアクティブバランス機能

EV

EV開発例

電動バス

電動バス開発例

太陽光用蓄電池

太陽光用蓄電池開発例

電動バイク

電動バイク開発例

UPS無停電電源装置

UPS無停電電源装置開発例

開発方法

1:コンセプトは決まっているが製品の詳細仕様はまだ未確定の場合
リチウムイオンバッテリー開発キットでの技術試作を行い、製品仕様を絞り込む

リチウムイオンバッテリー試作キット
バッテリーシステムの開発システムユニット
制御電圧:DC48V~DC1200V
最大連続放電電流:200A
外部データ通信、アクティブバランス、充放電制御等の機能
バッテリー情報が表示されるLCDが制御ユニットに付属

主な産業機器使用例
・EV、電動バス、電動バイク等
・UPS(無停電電源装置)
・ソーラー発電用蓄電池

販売またはリース契約でのお取り扱いを行っております
(制御ユニット、バランス回路込み バッテリー別)
試作段階のお客様は週単位でのレンタル使用も可能です
(制御ユニット、バランス回路、48V 10Ahバッテリー1個込み)
予約状況によりレンタル開始までお時間を頂く場合があります ご了承ください

以下のような問題でお困りのお客様にメリットがあります
バッテリーの設計が始まっておらず、ノウハウがない
機器側の仕様が決まったがバッテリーはまだ未着手
どのような機能が必要か見当がついていない又は検討中

2:お客様と弊社で仕様を検討し開発を希望する場合

仕様を満たすリチウムイオンバッテリー設計に必要な情報、技術案を提供いたします
製造したいがバッテリーに関して技術的知識が不足している
専用のケースを作成したい

特殊仕様のリチウムイオンバッテリーを開発した方はこちらから
・初回打合せ料金 600,000円 初回打合せ時までにお支払いください
 (正式契約の場合は契約料金から上記の金額を割引いたします)
・コンサルタント契約 1,500,000円~ 月額費用別途
 打合せ、技術提供等含む
・仕様打合せ 30,000円~/時間
・専用ケース開発 例1,000,000円(金型製作費用)

またお客様側の機器との動作に関しても保障いたします
・その他のサービス
 出荷後のバッテリー不良時動作確認
仕様のご連絡を頂いてから見積りを発行いたします

フルオーダーはこちら>>

リチウムイオンバッテリーのオーダーはこちら