アンテナ24ブログ

18650シリーズ他リチウムイオンバッテリーの情報を掲載 アンテナファーストのオフィシャルブログ

なぜリチウムイオンバッテリーは燃えるのか?

      2016/02/26

ニッケル水素電池とリチウムイオン電池の違いが内部が無機溶剤か有機溶剤かの違いにあります
ボーイング787等見られるように、異常加熱したリチウムイオンバッテリーは爆発炎上します
そもそもリチウムイオン電池は燃える危険物ということになります
18650リチウムイオン電池故障その安全性を確保する為に保護回路や専用充電器を推奨しています
既製品のバッテリーを使用して機器設計を行う方がいらっしゃいます
通常使用でしたらあまり問題ありませんが安全性を確保したい場合、専用設計を推奨しています

バッテリーパックの開発は、機器側とバッテリー開発側が共同で開発を行い組み込むのが一般的です
機器メーカー側には充電パックの構造や充電制御回路、セット全体の温度管理やバッテリパック内の
充電管理との制御プログラムなどがきちんと機能することを確認する必要があります

エネループやアルカリ電池と同じと考えず、リチウムイオン電池は危険物であること
使用したり開発する方は電子部品の一つという考えで扱っていけば発火や爆発といった事故は減っていくと思います
メディアも無用な心配を煽るだけ批評は避けて頂きたいという事が開発側の人間として思います

 - リチウムイオン電池の情報や電池交換等 ,