製品化への流れ:仕様決定1

バッテリーの仕様決定1
バッテリーの仕様決定2
バッテリー試作依頼へ
1:バッテリー電圧の決定

必要な電圧から直列数を決定
リチウムイオンバッテリーの仕様決定を行うには
直列接続例
                                                         
直列数対象電源電池電圧
1直列5V3.6V
2直列9V7.2V
3直列12V10.8V
4直列16V14.4V
7直列24V25.2V
13直列48V46.8V


2:バッテリー容量、放電電流の決定

必要な容量、放電電流から並列数を決定
リチウムイオンバッテリー開発基板の並列接続
並列接続例
                                                         
並列数電池容量 放電電流
1並列12.6Wh 3A
2並列25.2Wh 6A
3並列37.8h 9A
4並列50.4Wh 12A
5並列63Wh 15A
6並列75.6Wh 18A
電池容量3.5Ah、3.6V、放電可能電流3Aとする
Wh(電池容量)は電力の仕事量を指します
例:60Whの蓄電池は20Wを3時間出力可


有効容量について
注:有効容量を考慮

リチウムイオン電池の有効容量は

満充電電圧:4.2V付近
放電終始電圧:3.2V付近

以上の電圧差により
有効容量は70%程度となります