産業用リチウムイオンバッテリーシステム

様々な用途に適用可能なプラットフォーム

弊社のリチウムイオンバッテリーを5kWh~1MWh以上(1~100個以上)まで増設可能
家庭用蓄電池からオフィス、産業施設までお客様のニーズに合わせた容量、出力での設計が可能です
また太陽光発電電力からの充電も可能なため、所内消費電力の削減を行う事も可能となります

開発事例:災害用非常用電源システム

開発実績(非常用発電)

太陽光、発電機からの充電可能なバッテリーシステム
出力はバッテリー又は発電機からAC出力
用途:電動ボート、災害用非常用発電システム
メリット
昼間時間帯に太陽光または余剰電力による発電機からの充電を行い、夜間はバッテリー電源のみでの運用を行う
充電時は発電機が高効率運転で運用可能なので燃料節約による運用期間の延長
発電機が運転出来ない場合も、太陽光発電の充電による運用も可能

災害用蓄電システム

米国での販売、運用実績あり、UL取得済
2.5kWhシステム一式(パワコン、インバータ、バッテリー、充電器、制御パネル)
60万円(1000個以上注文時)
10kWシステムまでUL取得済
>>米国での販売SOLAR MAX社

販売代理店を希望の方には製品レンタル致します
バッテリー導入例

バッテリーシステムで可能な省エネ対策例

UPS(無停電電源装置)
災害、停電等が発生した際に一定時間事業所内(家庭内)の電力を使用可能

ピークシフト
安価な夜間電力を使用して蓄電池に充電を行い、日中に使用することで電気料金の削減を行う

ピークカット
太陽光発電から蓄電池へ充電を行い、買電電力量の削減が可能